他人の評価はあてにならない!気にしなくても済む方法

他人の評価はあてにならない

 

「キミにはこっちの服の方が似合うよ。あと髪型もそれ、やめたほうがいい。似合ってない。」こう言われて落ち込んでるんだけど、僕はどうしたらいいんだろう?誰かおせーてちょ~!HELP!

誰しも、他の誰かに”似合うね”とか、”似合ってないかも”とか言われた経験があると思うんですよ。

でもね、そんなの気にしなくてオッケー。

なぜなら・・・

 

他人に言われた言葉は意味をなさない

他人が、あなたに言った言葉に意味があると思いますか?

ま、本人はあなたのためを思って言ったのかもしれませんが、よく考えるとその放った言葉に対して、言った人は何の責任も負ってませんよね?

じゃあ気にしなくていい。あなたは自分の信念を貫けばそれでよろしいのでは?

 

単にその人の感想を言ってるだけ、気にするな

感想文

あなたに似合わないと言った人は、その人が持っている

「自分の中にある価値観」

を基準にして言っただけです。

 

価値観なんて、誰だって違うでしょ?

育ってきた環境も違うし、家庭のあり方も違うし、今まで通ってきた友人関係も違うし異性の好みも違う。

 

なーんの共通項もない人に、その人の価値観で「似合うか似合わないか」を評価されても、そんなの何の価値もないですよ。

たとえ親兄弟でも、各個人の人格が違うんだから、たとえ育った環境が同じでも他人格の感想は特に意味をなさないですね。

 

その道のプロという権威があるなら別

ファッションアドバイザー

「その服、似合わねーぞ。」

実は相手次第では、アドバイスを聞いていい場合もあります。

 

例えば、その人がアパレル関係の仕事で10年以上のプロで、ファッションアドバイザーとして生計を立ててる、そんな人ならちょっと話は変わってくる。

 

そんな人に言われたなら、逆にそこは自分の感覚がちょっとおかしいのかな?って思うし、素直にアドバイスを聞いて自分のファッションセンスを磨くきっかけにすればいいんですが。

 

でも、特にファッションに興味もないような人、あるいは自分が見て”センスねえな、こいつ”と思ってるような人に言われても、

「それはお前の感想じゃろ?知らんがな。」

と突っぱねておけばいいわけ。

 

経験した事もないのに正しい評価はできないでしょ?

ダメ

 

あなたも近い形の経験があるかもしれませんね。

例えば

 

あなた「おれ、あしたから空手を始めてみようと思ってるんだ。」

他人「空手?やめとけ、やめとけ。痛いだけだし続かんよ。昇段にもい金かかるし、すぐイヤになると思うよ。」

あなた「おまえ、やってたことあるんか?」

他人「いや、やった事はないけど人から聞いた話。悪いことは言わん、やめとけ。」

 

 

まあこんな会話があったとする、というか至る所であると思いますよ、こんな感じのやりとりが。

 

実際に経験者が語るなら言葉に説得力がありますが、経験したこともないのに知ったかぶって「やめとけ」って言うのって、無責任だと思いません?

 

あなたのチャレンジを、何の責任も持たない他人がとん挫させようとするなんて無責任な話だし、あなたがそれを聞いて納得してしまうのはさらにナンセンス。

 

チャレンジしたこともない人のアドバイスは、アドバイスじゃなくて単なる足を引っ張ろうとする行為です。

 

あなたはあなたの考えで行動すればいいだけだし、そもそも本当にやりたい事なら、他人に相談する必要なんてないので、自分でとっとと始めればいいだけの話なんですけどね。

 

逆に相談されたらどう答える?

これ、逆の立場だったらどうだろう?

あなたが相談される立場だったらどう答えるのが一番だと思いますか?

 

あくまで私の考えですが、その人自身に選ばせるような答えが一番だと考えます。

例えば、心の中で

”この人には無理そうだな・・・”

と思ったとしても、決して否定する必要はないと思います。

 

「そうか。いいんじゃないか。やるだけやってみればええと思うよ。チャレンジすることは決して悪い事じゃない。もし途中でリタイヤしたとても、それを恥じる事などないんだからやれる所までやってみれば?」

 

一度きりの人生、やってみなきゃどうなるかわからないし、チャレンジする事が実は大事。

同じ後悔するなら、やらずに後悔するよりもやってみて後悔したほうが、人生経験にもなりますからね。

 

無理

 

”この人には無理かな・・・”

と思っていても、実はメキメキ上達して人に教える立場にもなれたりする事もあって、そんな時には自分の認識が間違ってた事に気づく事もできる。

 

で、それを見ていいなと思ったら、自分もやってみるとかね。

人柱ってわけじゃないけど、良いものはいい、と認める事も必要かなと。

 

アフィリエイトはまだオワコンじゃないですよ

他人の意見

 

「アフィリエイトなんて、もうオワコンだよ。」

こういう人、いますよね。

自分が稼げなかったから言っているのか、はたまた他の稼ぎ方で稼いでいるのかはわかりませんが、こういう人は別に発言そのものに責任を負ってないから、自分が思っている事を言っているだけなんです。

 

はっきり言って、アフィリエイト市場はまだまだ伸びてますよ。

こちらの記事を読んでみてください

 

ところがどっこい!

実は「アフィリエイト」というワードの検索数は減っています。

アフィリエイト 検索数

 

通販の市場は伸びている、つまりアフィリエイトのチャンスは広がっているのに、チャレンジしようとしている人が減っている。

これって、ライバルが減ってチャンスが広がったとも言えますよね?

 

なぜ、通販市場が拡大の一途をたどっているのに、アフィリエイトをやろうとしている人が減っているのか。

 

その原因はいろいろと考えられますが、あくまでも私の推測としては、

 

アフィリエイトなんてオワコンでしょ?という言葉を本気で捉えちゃった
スマホは扱えるけどパソコンが苦手という人が増えた
単に少子化で検索する人が減っただけ

 

ほかにも理由はあるかもしれませんが、今のところ思いついたのがこれくらい。

 

アフィリエイトは形態を変えながら成長過程

 

確かに、アフィリエイトは昔に比べると随分と形態が変わりました。

アフィリエイトという言葉が出だした頃は、バナーさえ張っておけばバンバン報酬が上がってましたね。

当時はブログではなく、ホームページをHTMLで作り、そこに好きな趣味の情報を書いてバナーを貼りまくってました。

 

月に30万円くらい稼げるなんてザラでしたから。

最高で、250万円/月稼いだこともありましたね。

税金で半分持っていかれましたが・・・。(今思い出しても腹が立つ。税の勉強しとくべきだった。)

 

今のアフィリエイトはブログ(Wordpress)が主力だし、稼げる分野はすでにトップアフィリエイターや企業が莫大な金かけて上位を独占してる状態。

Googleの検索エンジンも年々賢くなって、ブラックハットなやり方はあっという間に圏外に飛ばされるし。

バナー貼ってるだけで稼げた時代は、すでに遠い昔の話になって、今はかなり高度化していますから。

 

特に文章の書き方ライティング方法はとても重要

文章が上手い下手ではなく、いわゆるテンプレート的な書き方は重要で、逆に言えばこのテンプレートで書けば、今でもある程度は稼げちゃうという事でもあります。

 

初心者アフィリエイターに適したライティング方法は?

私が今からアフィリエイトを始めたいって人のライティング方法でおすすめなのが

PREP法

 

まずは結論

(この包丁は切れる!すごい!おすすめですよ)

次に理由

(だって、力を入れなくともトマトが奇麗に真っ二つ。よく切れる包丁ほどケガをする事も少ないし、料理も楽に早くできるから奥様もニコニコ。)

そして具体例

(あの有名な料理人〇〇さんもオススメしてますね。プロの料理人ですら感動する切れ味で、料理の味も一段レベルアップしますぞ。)

最後にもう一度結論

(だからこの包丁は絶対おすすめ。私もこの包丁を購入してから料理が楽しくて仕方なくて、ついに料理ができる男になっちゃいました。)

 

楽天アフィリエイトなどで物販するなら、このPREP法を駆使して毎日記事を書けば、月に1万ポイントくらいの報酬は3か月で得られるようになりますよ。

 

実際、私は3か月の間PREP法を用いて、無料ホームページ(楽天ブログとアメーバブログ)で毎日何かしら記事を書いて商品を紹介したところ、2ヵ月で9000ポイント稼いで、そのポイントで腕時計を購入しました。

 

アフィリエイトはオワコンなんて、誰かが言った”無責任で何の意味もない言葉”ですから気にしなくても大丈夫。

チャレンジして努力した人だけが得するように出来ていますから、安心してアフィリエイトを初めてみてください。

 

 

コメント