いい事が起きるおまじないはたった一言!

いい事が起きるおまじない

 

いい事が起きるおまじないって、どんな言葉があるんだろう?

簡単です!

いい事が起きるおまじない、それは

「ありがとう」

 

自分が生きているのはほぼ他人のおかげ

いい事が起きる ありがとう

 

”オレは誰の世話にもなってないし、今後もなるつもりはない”

 

たまに勘違いしてる人がいるんですが、

誰の世話にもならずに生きている人なんて皆無です。

 

あなたが着ている服、あなたが作ったんでしょうか?

羊を育てて毛を刈って、綿から縫製して作ったんでしょうか?違いますよね?

食べているものだって、あなたが土壌を開拓して作ったわけじゃないし、牧場を経営したいるわけでもない。

 

 

自分がやっていることなんて、自分の生活のなかでも1%以下でしょう。

99%以上は他人のお世話になって生きているわけです。

 

だから、何に対してでも「ありがとう」という言葉を言ってみてください。

「ありがとう」、これがいい事が起きるおまじないなんです。

 

「ありがとう」と、何に対してでも言ってみると、不思議といい事が起きます。

 

私もトラックに毎日乗っていますが、道を譲ってもらった時も手を挙げてたりハザードを出しつつ、

必ず声に出して「ありがとう」

と言っています。

 

道路工事をしている所でも、ガードマンや工事関係者の人に「ありがとう」と言いながら通ります。

 

毎日道路を運転しているので、危ない目にも逢いそうなものですが、これをやるようになってから、路上で危ない目にほとんど逢わなくなりました。

 

これはひとえに、環境への感謝を意識するようになったことで、安全運転への意識が高まった事も要因だと思いますし、「ありがとう」の言葉がきっかけとなって、

いい事が起きるおまじないとしての機能が動き出した

と思っています。

 

難題に直面したら「ありがとう」

感謝する

 

生きていると、たまには

「なんでこんな困難に合わなきゃいけないんだ・・・とほほ」

なんて思う事ってないでしょうか?

 

そんな時こそ、いい事が起きるおまじない「ありがとう」と言ってみてください。

 

乗り越えるハードルは高ければ高いほど、乗り越えた後の喜びは大きくなります。
そのハードルを与えられた事を憂うのでははく、感謝するのです。

 

もちろん、小さな困難でもいいんです。

・遅刻してバスに乗り遅れた

・急いでいるのに渋滞にはまった

・仲間内でトラブルが起きた

・お金がなくて困った

などなど、生きていれば困難な事に必ず遭遇するものです。

 

でも、この世は修行の場

本来の魂の居場所はあの世であって、この世は困難にぶつかりそれを乗り越えて魂を磨く所なんだから、困難を与えてもらった事に感謝するべきなんです。

 

小さな困難は毎日、何かしらあるでしょう。

そんな困難に出くわした時、

「ちぇっ」と思わずに、「ラッキー、ありがとう」と思ってその小さな困難を乗り越える練習をして、困難に対する免疫をつけていくんです。

 

小さな困難を「ラッキー、ありがとう」と思って乗り越える習慣がつけば、その後に大きな困難がやってきてもそれにチャレンジする精神力が養われているので、ショックは最小限となります。

 

神様がいるかどうかは知りませんが、乗り越えられないような困難を、神様は与えないと言います。

今の自分のレベルで、乗り越えられるくらいの困難しかやってこないんですから。そんなもんです。

 

ツライ仕事を押しつけられたら?

仕事 押しつけられる

仕事で、ツライ仕事とか面倒な仕事とか押し付けられる事だってあるでしょう。

そんな時も、いい事が起きるおまじない「ありがとう」を発してみましょう。

 

・・・でも、失敗したら大問題になりそうな大きな仕事とか与えられたら、やっぱり誰もがドキドキしちゃうでしょ?

そんな時に、プロジェクトのリーダーが、

「まじか・・・いやな仕事おしつけられちゃったな」

なんて言ったら、もうメンバー全員がどんよりした雰囲気になって、それこそプロジェクトは失敗しそうな予感しかしないじゃないですか。

 

でもリーダーが、

「仕事頂いたぞ、ありがとう!よっしゃ~、いっちょやってみっか!」

と言ったら、メンバーもテンションあげあげになって、プロジェクトの成功のためのアイデアもバンバン出てきそうじゃないですか?

 

捉え方一つで、ベクトルが上に向くか下に向くか決まっちゃうんですね。

 

それでも失敗した時は?

 

いい事が起きるおまじない「ありがとう」を連発したとしても、失敗する時はあります。

でも、失敗を恐れて何もしないよりも、やってみて失敗したほうが、それが経験となって次の成功へのヒントになるわけですからね。

 

会社だって、あなたのチームに”絶対に成功させなきゃ許さんぞ”みたいな仕事の与え方はしません。

 

逆に、失敗してもそれが成功への糧となるから、その経験を積ませるという意味も含めて仕事を任せているわけですから、失敗したかといって評価が落ちるわけじゃないですからね。

もちろん、成功するために全力でチャレンジする姿勢はないとダメですが。

 

発明王トーマス・エジソンも言ったじゃないですか。

「失敗したんじゃない。こうやったら上手くいかない事を見つけたんだからこれは成功だ。」

 

まさにこれ。

 

考え方一つで、いい方向に行くかそれとも奈落の底に向かうか、決まっちゃうわけです。

 

これって、もしあなたが仕事上のボス的存在だったり、リーダー的な存在だったら、あなたのチーム全体が影響を受ける事になるんですから、あなたがポジティブシンキングを持っておく事が、以下に大切かわかると思います。

 

 

まとめ

 

「ありがとう」

これは自分の周囲環境に感謝する言葉でもあり、あなたとあなたに関わる全ての人の将来を左右するほどのきっかけになる、つまりトリガー的な役割を果たす言葉だと思うんです。

 

いい事が起きるおまじない「ありがとう」と言うだけで、それがあなたの気持ちの変化をもたらし、それはポジティブな考えに変わり、ポジティブな考えによっていい事が起きる確率が増えるわけです。

 

私てらっちは、マザー・テレサが言ったこの言葉が大好きです。

 

思考に気を付けなさい それはいつか言葉になるから

言葉に気を付けなさい それはいつか行動になるから

行動に気を付けなさい それはいつか習慣になるから

習慣に気を付けなさい それはいつか性格になるから

性格に気を付けなさい それはいつか運命になるから

 

いい事が起きるおまじない「ありがとう」は、最終的には人の運命を変える力があると思います。

何にでも感謝する”思考”があれば、それが「ありがとう」という言葉になります。

 

ちょっとした事でもいいんです。今日から声に出して「ありがとう」って言ってみてください。

1日に何十回、何百回でも言ってみてください。

 

不思議と、いい事が起きるんです。

科学じゃ説明できないのでしょうけどね。

いい事が起きる ありがとう
最新情報をチェックしよう!