成功体験を誰もが簡単に効果的に繰り返し経験できる3つのやり方

成功体験 簡単

よく言われるんだけど、成功体験をたくさん経験しろっていわれるよね?でも成功体験ってさ、成功しないと体験できないわけじゃん。いったいどうすりゃいいのよ?
困っている人 悩んでいる人
困っている人 悩んでいる人

成功する体験なんて、そんなにしょっちゅうあるわけじゃないですよね?

でも、実は誰でも簡単に成功体験を経験することができて、

誰もが成功体験体質

になれるやり方を3通りご紹介します。

 

1 毎日、ゴールを決めて過ごす

ゴールを決める 目標と立てる

人間というのは、目標がないと日々の生活に覇気が出ないものです。

例えばあなたを含め、人の大きな目標としては、毎日生き抜いて幸せな人生を送る事が目標です。

人によっては、来年の昇進試験を頑張ってるとか、試験に合格するために勉強するとかもあるでしょうね。

でも繰り返すとなると、やはり毎日何らかの目標(ゴール)を決めて、そのゴールを達成すさせる事が一番手っ取り早いでしょ?

例えば、

・今日は一日無事故、無違反で仕事を終えるぞ

・今日は夕方までにあの書類を必ず仕上げてやるぞ

・今日はあの人と絶対に笑顔で挨拶するぞ

 

こんな簡単な事でも構いませんから、今日の目標(目的・ゴール)を決めてそれを果たす事を繰り返していくんです。

 

その時の注意点としては、他人と比べて競争する目標はダメですよ、。

そうじゃなく、昨日の自分よりも上を目指す、こういう目標にしましょう。

日々、自分が成長していくための成功体験ですからね。

 

2 ハードルを低く設定しよう

ハードル 上げる

いくら目標を決めたとしても、達成できない目標では成功体験にはなり得ませんよね?

 

超えられない目標を立ててはダメです。

だって達成(成功)しないなら逆に失敗体験を繰り返す事になっちゃうから。

 

だからちょっと頑張れば確実に達成できる目標を決める事が重要です。

ちょっとの頑張り・・・これが大切。

 

とはいえ、あまりに簡単すぎてもダメです。

 

ちょっとは努力する事も必要、でもやれば必ず達成できる

こういう目標を決める事。

達成すれば成功ですから、それを毎日繰り返す事ができるのです。

 

3 1日の最後に自分を必ず褒める

褒める ほめる 自分を褒める

これとても重要なんですが、

夜寝る前に必ず目標を達成した自分を客観的に褒める事。

 

基本、少しの労力で達成可能な低いハードルの目標の達成なんて、誰も褒めちゃくれない。

だったら自分で褒めちゃえばいいんです。

 

寝る前に、

「よし、今日も成功したぞ!自分はやりゃできる人間なんだ。すごいんだ。」

褒める事で「できる!」という自信を定着させることです。

 

自己満でいいんですよ。

それを繰り返す事で日々の活力が生まれますし、褒める事で小さくても成功体験を実感して習慣にしてしまうことで、自信も沸いてきます。

 

もしもぼ~っと1日を過ごしてしまったら・・・?

さぼる ぼーっとする ごろ禰 何もしない

まあそれでも人間ってのは怠け者体質があるもので、目標を立てたけれど実行できなかった、あるいは実行するのを忘れてぼ~っと過ごしてしまった、なんて事はあります。

ええ、人間なんて実はそんなもので、小さな成功体験を繰り返すという習慣なんてない身に着けてない人がほとんどですから、それについては自分を責めない事。

 

もしもぼ~っと1日過ぎてしまった時は、

気を張ることなく魂を完全に休ませた1日だった、よしよし。

そうやって、魂の浄化に成功した事を褒めてあげよう。

 

小さな成功体験を繰り返す効果

 

・自分はやればできるんだという自信がつく
・毎日繰り返す事で成功することが習慣になる(勝ちグセ)
・大きな目標ができた時でも勝ちグセがあるから挑戦できるし負ける気がしない

それでも負けたらどうする?その時は

負ける 降参 敗れる

「ああ、こうやったら負けるんだな」

という理由を知る事ができた、つまり

理由がはっきりと分かった事で勝つための作戦がわかってラッキー!

と思うのです。

出来事なんて全て、ポジティブに考えてしまえばいいのですよ。

 

挑戦しなければ負けた理由もわからないんだから、ダメだったとしても自分の中では勝ったも当然。

1日の締めくくりは、ちゃんと布団の中で自分を褒めて終える、これをできる限り毎日繰り返す事で、

成功体験体質

のあなたの出来上がりです。

誰でも簡単にできるんですよ!

褒める ほめる 自分を褒める
最新情報をチェックしよう!