映画「空飛ぶタイヤ」:長瀬智也主演の大企業リコール隠し問題作

空飛ぶタイヤ 長瀬智也 ディーン・フジオカ

 

長瀬智也・ディーン・フジオカらが演じる、2002年に起きた三菱ふそうトラックの脱輪、母子死傷事故を題材にした実話ベースの映画。

2002年1月10日、横浜で実際に起きた母子死傷事故。実話とはシチュエーションが多少違いますが、巨大なタイヤは凶器になる、そんな恐ろしい映像で始まります。

亡くなった母親とそのご家族は本当にお気の毒だと思うと同時に、人が亡くなっているのに責任を押し付けようと構造の欠陥を認めようとしなかった三菱ふそうに、当時は怒りを覚えたものです。

 

この映画の最大のポイントは、巨大な財閥企業による不正と、巨大企業のあらゆる圧力によって泣き寝入りをさせられている、数多くの中小企業の実情がリアルに描かれている、というところです。

若い人にはぜひ観て欲しい映画ですね。

事故後、様々な取引先から仕事を断られる事になる運送会社社長。どの取引企業も、事故の真相云々よりも風評被害に怯える、それが事実なんです。

 

企業が巨大になればなるほど組織の型が優先され、「個」の存在意義は薄れていく。

が、そんな組織の形態が最優先される大企業でも、必ず正義感を持っている人間はいて、個人の小さな力でも巨大企業の不正に立ち向かえる事ができるんだ、という実例ですね。

亡くなったご家族の葬式に出向くも追い出される運送会社の幹部たち。被害者家族の心情を思えば、仕方のない事だと言えます。

 

これほどまでに社会の仕組みが出来上がってしまっている現代は、個人からすると理不尽だと思える事はたくさんあります。

三菱ふそうと同じ三菱グループの銀行員にも、正義感を持って動く人がいる。同じグループだかといって、不正に加担する事はできない!そんなまっとうな人は必ずいるもの。

 

そんな社会の仕組みと格闘しつつも、不正を内部告発する正義感を持つ個人の奮闘と、末端の中小企業である運送会社社長の、血のにじむような戦い、家族の支えなど、様々な考えさせられる事を垣間見れる、見ごたえのある作品です。

亡くなった母親の子供が書いた、事故当時の様子を書いたこの文章は、一番泣ける場面です。

 

日本人は昔から、勧善懲悪の物語が大好きなので、こういう映画大好きな人多いのではないでしょうか?

自動車メーカーの中にも、不正に立ち向かう個人がいる。それは自社を今より良くしたい、自社の腐りきった組織を変えて世の中から信頼される会社にしたい。そういう愛社精神が彼らを正義感に掻き立てたのかもしれません。

 

長瀬智也ってTOKIOというアイドルグループの一人ですが、演技力に関しては、周囲を固める実力俳優さん達に決して負けていませんでしたよ。

 

その長瀬智也が社長役の赤松運送は、風評被害だけでなく、次々に襲い掛かる倒産のピンチの波に翻弄されてしまいます。

それは取引先を失うだけでなく、銀行からの融資の打ち切りや、被害者の家族からの損害賠償など、多岐にわたります。

まさに、泣きっ面に蜂状態に。

八方塞がりになる社長。そんな時でもやっぱり一番の支えは家族。家族は窮地に陥る社長に優しく、心の支えとしての役割を果たしてくれるのです。それにしても深キョンは超絶にカワイイですなあw

 

そんな中、我慢できずに辞表を出す社員もいますが、ほとんどの社員は社長と共に戦う姿勢を見せてくれます。

実話ではどうなのかわかりませんが、池井戸潤の脚本はこういう所の展開の方法が上手いと思います。

 

ついに巨大企業に捜査のメスが入る!正義が勝った瞬間。

 

勝った!巨大企業の闇に勝った!喜ぶ赤松運送の社員たち。社員もある意味、家族同様に戦ってくれたのです。ありがたい事ですが、これも社長の人柄次第なんですね。

 

ある程度は脚色してあるとはいえ、その根本の話は実話。

巨大企業グループと命がけで真剣勝負した中小企業の社長は、単に会社の責任を逃れるために戦ったわけではなく、本当の真相を知りたかった、そして同時に巨大企業グループの不正を暴きたかった、その一心で靴底をすり減らし、日本全国を走り回ったわけです。

大企業に家宅捜索が入ったニュースを見守る家族。それにしても深キョンは最強にかわいいw

 

同時に、自分が勤める会社、自分が勤める会社の同じグループ企業であっても、どうしても不正は許す事ができないという正義感のある個人がいた、これが救い。

とはいえ、企業はデカくなるほど、その企業体質ってのはそう簡単には変えられません。

三菱ふそうが、このリコール隠しを機に、どのような体質に変わったのか・・・それは外からじゃわかりませんが、日本を代表する大企業として少しでも良い方向に行ったと願うばかりです。

 

「空飛ぶタイヤ」は、Amazonプライムなら無料で観られます。

→ Amazonプライム【30日間無料体験】はこちらから
 

コメント