KDDIのPOVO(ポヴォ)に重大なデメリットが存在した!

au povo メリット デメリット

KDDI(au)のスマホを使ってるてらっちは、KDDIがPOVOを発表した日にカレンダーに

3月23日 POVO 新料金プラン開始!

とメモして、23日を待ち遠しくおもっておりましたとさ。

 

そして、

ついにその時が来た!料金安くなるぞ~!

 

と喜んだのもつかの間、実はPOVOには重大なデメリットが存在したため、今、POVOに変えようかどうしようか、ちょっと保留している状態です。

POVOの重大なデメリットとは・・・。

 

POVOは「@ezweb.ne.jp」メールが使えなくなる

なーんとまあ、すげ~オチがありましたわ。

要は、今まで使ってきた

auメール(@wzweb.ne.jp)が使えなくなる

そうなんですよ。

 

 

てらっちのauメールは、とってもわかりやすくてしかも、多くの人が考えそうなメールアドレスにしていて、それが運よく取れたのでそのメアドを大事に使ってきたんです。

 

命より大事なauメールアドレスが使えなくなるのかっぁぁぁ

(大げさじゃの)

POVOにはメリットがたくさんあるのだが

とはいえ、POVOにはメリットがたくさんあるんですよ。

まあ一番のメリットは、とにかく安い。これみな知ってる。

 

なんせ、税込み2728円/月で20G使えて、しかも月額料金はず~っと変わらない。

神か、au。

 

ま、最初にソフトバンクが新料金プラン発表した直後のauのクソプラン発表の時は、

「auクソだな。くた〇っちまえ!エ~ユ~」

とシュガーの曲に乗せて歌っていたものですが、まあこれで終わったら本当にauも終わりだから、そんなわけないと待っていたらこのPOVOの神プランですよ。

 

「さすがau、セルラー時代から使って信じてきたかいがあった」

と、忍者顔負けの素早い手のひら返しでauをほめたたえるてらっち。

 

 

なんといっても、トッピング機能があるのが他のキャリアにはないスーパーメリット。

 

例えば電話かけ放題。

5分以内と完全カケホの2種類があるが、てらっちは長電話はまずやらないので5分以内で余裕。

それでも+500円。

 

auの従来プランである「通話定額ライト2」が800円/月のオプションなので、POVOのほうが安いんですよ。ブラボー!

 

さらに万が一、20G使い切ってしまって

「あ~、あと1日残ってるのに、遅い回線じゃ動画なんて観られないなあ」

って時には、200円/日でデータ使い放題というオプションがあるから、200円だけプラスしてデータ使い放題にするという使い方もあります。

 

こういったトッピング機能は、他のキャリアにはないPOVOだけのメリット

となると、料金自体は大体他の携帯電話キャリアも同じような感じなので、トッピングができる分、POVOに軍配が上がるということ。

 

auメールを取るかPOVOの料金の魅力を取るか

それにしても、auメール(@ezweb.ne.jp)が使えなくなるのはすっごく悔しい。

でも、それを凌駕するほどの安さと便利さを兼ね備えたPOVOは、オッサンには魅力的。

 

うーん、どうしよう。まだ考え中。

ちなみに、auメールが使えなくなったらどうするかというと、Gメールとかを取得してやり取りするしかなくなります。

 

当然、今までauメールで登録していたものは、全てメアドの変更をしていかなくてはならず、

「う~、超めんどくせ~」

というのが一番の理由。

 

auメールか?安さとオプションの魅力か?

これを天秤にかけて、もう数日考えてからPOVOの契約をするかどうか、決めようと思っています。

あ~、ハゲるわ・・・じゃなくて、悩むわ。

 

 

au POVO 新料金プラン
最新情報をチェックしよう!