16時間の絶食の効果とダイエットを成功させるための注意点

16時間ダイエット 効果

 

なんでも16時間連続で絶食したら体にエエことがあるって聞いたで~、どないなエエことがあるん?おせーてちょ!

ということで、私てらっちは時々行っている「16時間連続絶食ダイエット法」について、その効果や途中経過の注意点などをと紹介していきましょう。

 

16時間ダイエットって何のためにやるの?

16時間 ダイエット 絶食

 

16時間ダイエットというのは、16時間つまり1日の中の2/3の時間を、

連続して水以外は何も口にしない

という食いしん坊にとっては拷問級の、超過酷!な絶食ダイエット方法。

 

この飽食の時代に、何のためにそんな事すんのって思うでしょ?

 

実はこれってすごい効果があるそうで、16時間連続で絶食状態が続く事で、

・体の免疫力がグーンとアップする

・内臓脂肪と体脂肪が急激に燃え始める

・便秘体質が改善できる

・オートファジーが起きる

・頭の回転が良くなる

 

などなど、まあ他にもたくさんあるんだけど、全部書くと新興宗教のごとく胡散臭くなるから書きませんが、とにかくやってみるといい。

最初はツライ(笑)。まじ、ツライです。

 

やっぱね、食欲って人間が生きるための本能ですし、この飽食の時代、お金さえ出せばいつでもお腹いっぱい好きなものが食べられるすばらしい今の時代、

「16時間も絶食するなんて気でも狂ったんか?」

って言われそうです。

 

でもね、一度そのツライ我慢にチャレンジして成功すると、ちょっとした習慣になってきますし、お腹周辺がペコーってなりますし、体調はメチャメチャ良くなりますし、頭は・・・イマイチ実感がない、残念だけど。でもやってみる価値はありますよ。

 

16時間の絶食ダイエットのやり方は簡単

ファスティング 16時間絶食ダイエット やり方

 

「16時間も我慢しなきゃならないなんて、ちょっと正気じゃないのでは?」

と思うかもしれませんが、実はそんなに難しくありません。

 

というのも、16時間のうちの7時間~8時間は、睡眠の時間に合わせればいいから。

例えば、夜の19時に夕食を摂ったとしたら、次の日の朝7時にはすでに12時間が経過しているわけでしょ?

絶食ダイエット 睡眠時間

 

そのまま朝食を摂る事なく、

午前11時まで水以外を口にしなければ、16時間ダイエットは達成

です。

 

睡眠時間を上手に活用すれば、16時間なんて実に簡単なんですよ。

 

 

仕事がある日は難しいかもしれませんが、休日なんかを利用すれば絶食ダイエット(ファスティングダイエット)は意外と簡単で、ダイエットとしては最も即効性と再現性が高い方法なんですよ。

 

途中経過:体の異変に気づけ

16時間 ファスティング

16時間連続で絶食(ファスティングね)をやってると、

12時間を超えたあたりから体に異変が出てきます。

 

これは私てらっちの経験なので、個人差あるから一概には言えないけど、ようするに

体内の細胞に溜まってる不純物が浮き出てきて、それが血流に乗るために様々な異常を起こし出すからと言われています。

 

てらっちの場合、まずは頭痛が起きます。

これはオートファジーという現象によって、細胞に溜まっている不純物や老廃物が飛び出してきて、それが血液の中に入って体中を回り、脳に達する事で起きると言われています。

多くの人が、16時間ダイエットで頭痛を経験するそうです。

 

ちなみにオートファジーというのは、絶食することで

体内の古い細胞を壊し、新しい細胞に作り替える現象

で、体内で自浄作用が起きてると思えばいいです。

 

古い細胞を壊した時に、その細胞に残ってる老廃物なんかが炙り出されてくるので、それが血液中に入って体内を巡るわけです。

 

もちろん、その老廃物は

最終的には肝臓などで分解されて、腎臓で濾されて体外へ放出

されるので、体中の細胞から老廃物が消えて新品の細胞が増える事で、体調がメッチャ良くなっていくというもの。

 

 

さて、頭痛も起きますが、ほかにも体の中で不具合がある場所が、微妙に痛みを生じてきます。

たとえば腰の横らへんとか、

「なんでこんなところがピリッと痛くなってくるんだ?」

といった感じですかね。

 

 

こういった、老廃物や不純物を浄化する過程で起こる体の変化

「好転反応」

と言います。

 

16時間連続で絶食するといつも頭痛が起きたり、どこかが痛くなったり倦怠感が出たりするから嫌だ、と思うでしょうが、これは体の調子が良くなる前兆の「好転反応」なので、ちょっと辛いですが喜んでその痛みや倦怠感を楽しみましょう。

 

でも、あまりにひどい頭痛や吐き気、仕事に影響がでるほどの倦怠感などが起きる時は、一旦16時間ダイエットは中止するという事も考えておきましょうね。

 

ちなみに、好転反応がひどく出る人というのは、普段から糖質をたくさん摂っていたり、お酒を多く飲んで肝臓に負担がかかってる事が日常、って人に多いそうなので、16時間ダイエットを行う数日前には糖質やお酒の量を気持ち控えたりすると成功しやすいでしょう。

 

 

16時間後の食事に注意せよ

ファスティング 最初の食事

 

ところで、16時間ダイエットをやってるけど一向に体重が減らない、逆に増えた!なんて人もいます。

体調も悪くなったとかの人もいますが、これの原因の一つに、

 

16時間ダイエット後の最初の食事方法が間違ってる人

 

が多いのではないですかね?

 

 

考えてみてください。

16時間あるいはそれ以上、全く糖質を含むすべての栄養素が体内に入ってこなかったんですよ。

つまり、かなりの飢餓状態だったわけです。

 

その状態だから、体は生きるために内臓脂肪を分解したり、筋肉にたくわえられたグリコーゲンをエネルギーに使ったり、それでも足りなくなるからいざという時に貯めておいた皮下脂肪を燃やしてエネルギーに変えるんです。

だから体重が落ちるんですよね?

 

しかし、16時間も空腹状態だった直後に、すぐに糖質たっぷりな食事をとったらどうなるでしょう?

考えたらすぐにわかりますよね!

 

そう、体からしたら、

「やっと栄養が入ってきた!やっほー糖質やんけ!こんな時のためにしっかり皮下脂肪として蓄えておこうか。じゃないとまた飢餓状態になった時、死んでしもうたら困るからな。」

 

16時間のファスティングが終了して、やった~とばかりにバクバクと糖質を食べると、体はいつも以上に糖質を皮下脂肪として蓄えるように機能しちゃうんです。

これじゃ、16時間ダイエットした意味もなくなっちゃいますからね。

 

 

ではどうすればいいのかというと、私てらっちの経験では、

16時間ダイエットが終了して最初の食事は、野菜をしっかりと食べる事です。

 

てらっちの場合はブロッコリーとオクラを小皿にひと盛し、そして納豆を1パック食べます。

食べたら15分から20分はそのまま何も食べず、食物繊維をじっくりと消化させていきます。

 

そしてすぐにお米などの炭水化物は食べず、まずはハンバーグなどのたんぱく質を食べます。

お米やパンなどは、最後に食べるんです。

 

 

実は最初の頃、16時間ダイエットが終了したら安心しちゃって、すぐに🍙やパンなんかをバクバクやってましたが、一向に痩せなかったので色々と調べると、

空腹状態で炭水化物を食べると血糖値が急激に上がるので、ダイエットには逆効果

ということがわかりました。

 

 

そこで、16時間ダイエット終了直後の食事は、食物繊維を食べる事で血糖値の上昇を抑える事ができるというので、その通りに食物繊維を多く含んだものから食べていくと、お腹がぺっこりと引っ込んでいき、体重も-2kg/月を実現しました。

 

体調は以前よりも体が軽くなた感じでとてもいい感じですよ!

 

16時間の絶食ダイエットのスケジュールですが、週に1度のペースやってます

2度やる事もありますが、前日の夕食のタイミング次第ですね。

 

せっかく16時間かそれ以上我慢しているんだから、ぜひ効果を最大限活かせるような食事方法を行ってくださいね。

じゃないと苦労が水の泡になりますから。

16時間ダイエット 効果
最新情報をチェックしよう!