リライトを極めて無限に記事を書く5つの方法【例文あり】

リライト 方法
「アフィリエイトの記事作成とか、書きたいけどネタがなくなっちゃったなあ。記事ネタを生み出す魔法の杖が売ってる所教えて!」

・・・んなもの売ってたら、私も欲しいぞ!

でも、記事作成でネタに詰まる事もあるでしょう。

 

そんな時に役立つ、

他人の記事をパクッて自分のオリジナル記事にする5つの有効な方法

のご紹介です。

 

1 単語を変えてみる

リライト 単語 入れ替え

文章に使われている「単語」、これを

”同じ意味だけど違う言葉”

に変えてみるだけでも、随分と違った印象の文章になるはずです。

 

【例文】

~元の文章~
車は毎日、出発する前に簡単な点検を行う事が法律で義務付けられています。

点検を怠って車道でトラブルを起こしてしまうと、

他の車に迷惑をかけてしまう上に、自分自身も仕事に遅れる等、

損害を被る事になるのです。

~リライトしてみよう~
マイカーは日々、運行する前に簡単な点検をする事が法規で定められています。

点検をさぼって道路上で故障等を起こしてしまうと、

他車に迷惑をかけてしまう上に、あなた自身も勤務先に遅刻するなど、

損害を被る事になるのです。

 

 

2 文末の表現を変えてみる

表現 変える リライト

文章を書く時の文末で最も多いのは、「~です~ます」調ですよね。

この文末部分を、ちょっと表現を変えてみるのもアリです。

 

【例文】

~元の文章~

アリは大量の数で行列を作っているにもかかわらず、渋滞することなく常に列が

移動していますよね。これ、不思議だと思いませんか?

~リライトしてみよう~

アリは大量の数で行列を作っているにもかかわらず、渋滞することなく常に列が

移動してるでしょ?これ、不思議じゃないですか?

 

 

3 段落を入れ替えてみる

文章 リライト 段落 入れ替え

文章というのは、段落がいくつかあります。
段落ひとつひとつに主張があり、段落の集まりが一つの文章(記事)として成り立っています。

 

この段落の順番を入れ替えたりすることもリライトのテクニックです。

 

ただし、段落どうしの”つながり”が、ちゃんと文章としての意味合いを成していなければならないので、表現を変えたり文末表現を変えたりして工夫してみてください。

 

【例文】

~元の文章~

明日は晴れるでしょう。

なぜなら、高気圧が北から日本列島に降りてくるからです。

これは天気図をみればわかることです。

~リライトしてみよう~

明日は高気圧が北から日本列島に降りてくるようです。

これは天気図をみればわかることです。

したがって、明日は晴れるでしょう。

 

 

4 口調を変えてみる

リライト 方言

ドリカムの「大阪LOVER」って曲をご存知?

私は大阪弁まったくわからないけど、あの曲は何となく大阪っぽくて好きです。

このように、方言などをしこたま文章にちりばめてみると、完璧なオリジナル文章&味のある文章が出来上がる、ような気がします。

 

とりあえず、広島弁で例文チャレンジ!

【例文】

~元の文章~

「スマートフォン」が正式名称であるため、本来の略称は「スマフォ」であるはずだが、

略称は「スマフォ」ではなく「スマホ」。
(引用:スマホ wokipediaより

 

~リライトしてみよう~

「スマートフォン」が正式名称じゃけ、本来の略称なら「スマフォ」でよかろうに、

略称は「スマフォ」じゃのうて「スマホ」。

 

 

5 複数サイトから情報を得る

リライト サイト 

例えば「カレンダー」について書こうと思った時に、

一つのサイトだけを見てリライトするのではなく、複数サイトから情報を得て、それを組み合わせて記事を書いたほうがいいです。

 

なぜなら、Aというサイトだけを見てリライトしてしまうと、Aサイトに載っている情報と、基本的には全く同じ情報しか訪問者は得る事ができません。

 

これだと、Googleの言う「情報の網羅性」に欠けるので、上位表示しにくくなります。

 

それよりも、A・B・Cという3つの「カレンダー」に関するサイトを読んで、お互いのサイトに書かれていないカレンダーの情報があれば、それをあなたがまとめて自分のサイトに書けばいいんです。

 

Googleは情報の網羅性も重視しているので、複数の違った「カレンダー」に関する情報が書かれているほうが上位表示される可能性が高くなりますからね。

 

まとめ

リライト テクニック

リライトは、記事を作成する時には必須のテクニックです。

アフィリエイト・記事作成・広告作成などなど、文章を書くのであればコツを覚えておいて損はありません。

 

新聞やWEBサービス、解説記事、辞書や辞典、ニュースサイトや広告など、世の中にあふれているどんな媒体の文章でも、リライトでオリジナルの記事にできます。

 

オリジナル記事 書き方

 

”私だけが知ってる事だけがオリジナル記事”

 

そりゃそれが出来りゃ世話ないんですが、それだけって決めちゃうと途端にネタ切れ発生。

私だけが知っている事なんて、自分の生い立ちや過去の人生経験以外でそんなに多くはないでしょ?

 

世の中の新技術なども、古くからある既知の情報の組み合わせに過ぎませんからね。

 

記事も同じで、すでにある文章の組み合わせを工夫し、そこにあなたの思考などをちょっと加える事で、新しいオリジナル記事が出来上がるのです。

 

 

コメント