コロナ騒動がおさまるまでは皆で潔癖症になろう!

コロナ騒動 武漢ウイルス 新型コロナウイルス

コロナ騒動はまだまだおさまる気配はないです。

普段なら、床に落ちたお菓子であっても3秒ルールを適用して平気で口に入れる私も、今回ばかりは潔癖症を貫こうと思います。

 

手洗い石鹸は除菌効果をうたっていないものでも有効

ハンドソープ 除菌効果

多くの人が、ウイルスを除去するためには、ハンドソープに

「ウイルス除去」

の文字を血眼になって探すようですが、それ、意味ないです。

 

ウイルスや雑菌は、手のシワの間などに汚れと一緒に付着しているので、それを取り除けばいいわけです。

そのためには、ウイルス除去という文言が書いてなくても、

普通の石鹸でも十分に泡立てて、細かな泡にする事の方が大事。

 

この細かな泡を皮膚の上で動かす事で、手のシワの間の汚れや皮脂を押し出して、一緒にくっついてるウイルスを除去できるわけです。

 

したがって、泡はできる限り細かくすること。

泡立てネット 泡

 

自信がない人は、泡立てネットなどを使うと細かな泡ができるので、手の平や甲、手首などにつけた泡をしっかりと動かして、泡の一粒一粒で汚れを押し出す意識で洗う事が大切なんです。

 

 

そもそも、「ウイルス除去」っていう文言が書いてあるハンドソープとかも、除菌成分が入ってるものばかりじゃないです。

 

要するに、泡で押し出す事でウイルスが除去できますよ~、って意味で「ウイルス除去」って書いてあるものがほとんど。

これ、空想科学研究所の主任研究員でもある柳田 理科雄先生がラジオで言ってたので間違いありません。

 

手洗いをしっかりしていればアルコール除菌は特に必要なし

アルコール除菌 コロナウイルス

 

柳田 理科雄先生が力説していたのは、ハンドソープの殺菌能力云々じゃなく、

とにかく泡立てることで汚れを押し出す、これが大切だと言ってました。

 

アルコール消毒に関しても、手洗いがちゃんとできていれば特に重視はしないとすらおっしゃってましたね。

手洗いを完璧に行えば、ほぼウイルスは消滅すると。

 

アルコールを使えば、わずかに残ったウイルスに最後の一撃を加える事はできるよということで、さほど重きを置いてなかったです。

 

まあでも、最後の一撃すら欲しいのが今のコロナ騒動ですからね。

ちなみに、ノロウイルスとかはアルコールでは殺せませんが、コロナウイルスはアルコールで殺せますよ。

 

マスクでコロナは防げるのか?

マスク ウイルス 防ぐ

 

いや無理でしょう。

布マスクはまず目が粗いので、呼吸ができる限りはウイルスは普通に入ってきます。

 

使い捨てのサージカルマスクは、目が細かいので布マスクよりはウイルスを防ぐ効果は高いですが、完璧ではありません。

つまり、マスクでは感染を防ぐ事はできないのです。

 

じゃあなんでマスクするのかというと、自分がすでに感染してしまっていて、現在は潜伏期間だったと仮定すると、その間に人にうつさないためにマスクをする、という考え方です。

 

マスク ウイルス うつさない

自分が人にうつさなければ、ウイルスはやがて消滅しますからね。

人類の存亡を考えた時に、マスクが必要という考え方です。

出かける時には、布でも不織布でもいいので必ずマスクをしましょう。

 

そしてできる限り、エスカレーターなどの手すりを触らない事、スーパーなどのトイレも我慢できるなら極力行かないこと。

世界中全ての人が潔癖症になれば、やがてコロナウイルスは収束すると思いますね。

簡単じゃないけど。

 

問題は、コロナ騒動が収束した後ですね。

 

本来、潔癖症とは無縁だった人がやたらと除菌!除菌!って言いだすのがイヤだなあ。

私も、床に落ちたお菓子を2秒以内で食べるようになっちゃうのかなあ。

 

 

 

 

コメント