文章がスラスラ書けるようになる3つの事

文章を書く(コピーライティング)ってのは、最初はなかなか書けないもんですよ。

というか、何をどういう順番で書いたらいいのか全くわからないでしょ?

じゃあ、ちょっとしたコツのヒントをご紹介しましょう。

 

テーマを決める

コピー テーマ決め

まずは何について書こうか・・・?

ってのが決まらないと書きようがないですよね?

 

例えば疲れが取れない人に向けて、安眠枕について書こう!と思ったら、安眠枕が寝ている間にどんな効果があって、どれだけ疲労を回復してくれるのかを徹底的に調べてみるでしょ?

 

調べるほどに”奥が深いのう”と思いつつ、それで一つ知識も増える。

一石二鳥。

 

これで何について書くかが決まりましたね。

 

キーワードを決める

キーワード決め

寝ても疲れが取れない人が、どんなキーワードを検索窓に入れるのだろう?

その解決策として、最終的に安眠枕を選ぶ人は、どんなキーワードを打ち込む人なのだろう?それを想像してみましょう。

 

となると、メインキーワードとして候補に上がってくるのは

枕 オーダー枕 安眠枕 ホテルの枕

 

サブキーワードとして、

疲労回復 肩こり解消 腰痛軽減 朝スッキリ

まあこんな感じでしょうかね。

 

で、メインキーワードとサブキーワードをそれぞれかけ合わせて、実際にそれらのキーワードをGoogleの検索窓にブッ込んでみよう。

 

では、「枕 疲労回復」って入れてみますよ。すると、

サジェスト確認

 

出てきますね。

こうやって下の方に他の関連キーワードが出てきますが、これをサジェストキーワードって言います。

サジェストは、この言葉の組み合わせだとよく検索されてますよ~、っていう候補が出てきてるわけで、サジェストに出てくるならオッケー。

そのキーワードで記事を書いていいです。

 

検索数を調べて〇〇回以上ないとダメとか、そんなのとりあえず気にせず、サジェストに出てくればオッケーなので、とりあえず記事を書いていけばいいのです。

 

目次を書いてみる

目次 コピーライティング

書き始める前に、「枕 疲労回復」について

何を書くか、目次を決めておきましょう。

 

例えば、

・疲労回復には枕を変えてみよう

・枕と疲労回復のふか~い関係

・枕を変えて体が変わった!そんな口コミ集めてみました

・あの著名人も枕で人生を変えた

・疲労回復の枕ならココがいいよ

って感じでしょうか。

 

いやまあ、これはあくまでも一例なので、こんな目次じゃ誰も読んでくれないので参考にはなりませんが。

 

重要なのは、

「どんな悩みのある人」が

「どんなキーワード」を打ち込み

「何を解決したいのか」を理解する

 

キーワード 答え

 

その答えを提供してあげる事、これがアフィリエイターの役目です。

決して「販売」が目的ではなく、紹介したモノをブログ訪問者に”納得”してもらうのが目的。

 

そして訪問者が悩みを解決できる商品があるページへ、「こちらからどうぞ」とエスコートしてあげるんですよ。

 

その後はノータッチ。

メーカーや販売店のページが、訪問者にセールスしてくれます。

 

アフィリエイターは、

訪問者の悩みを解決する答えがこちらにありますよ~

と紹介してあげるまでが仕事です。

 

そのために、コピーライティングを書く時には

テーマを決めて

キーワード決めて

目次を書いてみて、

その目次に沿って内容を書いていく。

 

最後は答えがある場所を教えてあげて、誘導するだけ。

あまり難しく考えなくてもいいし、最初から100点満点のコピーライティングなんて書けるわけないし、100点満点のコピー書ける人なんてこの世に存在しないから大丈夫、気楽にこの順番で書いてみましょう。

 

少しずつコツを覚えていけば、そのうちスラスラと書けるようになりますって。

 

 

※50億円売り上げた強力なコピーライティング技術があなたのモノに!

>> Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)
 

 

 

コメント