諸刃の剣、それは数稽古

こんにちは、てらっちです。

 

アフィリエイトは、とにかく数稽古だと言われます。

たくさん記事を書くことで文章がだんだん上手になりますし、キーボードの打ち間違いも減ってきますからね。

 

ただ・・・

数をこなせば文章が上手くなるかというと、それは正しくもあり間違いでもあります。

 

数稽古 文章

 

 

どういうことかというと、

 

間違った方法で文章を書き続けていると、どんどん文章がヘタになる、つまり

 

成約が取れないヘタクソな文章を書く練習している

 

という事になっちゃうでしょ?

 

このなると負のスパイラルだし、やるだけ無駄。

骨折り損のくたびれ儲けってやつになります。

 

 

野球選手でイチローって知ってますよね?

 

イチローはそんなに体も大きくないのに、なぜ体格が大きくパワーのある選手ばかりのメジャーリーグで成功したのか?

 

もちろん、メジャーリーガーの誰よりも足が速かったとか、肩が強かったとかもありますが、やはりバッティングで成功したのが大きいんです。

 

 

イチロー選手も他の選手同様、”素振り”を基本練習として取り入れていたわけですが、

 

もしイチローが

 

間違った方法で素振り

 

を1日に1000回繰り返していたらどうなっていたでしょう。

 

当然、オリックス時代ですらレギュラーにはなれなかったはずです。

 

そこには、正しいフォームで素振りをするために、新井宏昌2軍打撃コーチという存在が欠かせません。

 

新井コーチの指導のもとで、イチロー選手は正しいフォームの素振りを何百回・何千回と繰り返し、体に染み込ませていったから成功できたんですね。

素振り 数稽古

一本足打法で有名な世界のホームラン王、王貞治さんだって、最初は普通のバッティングフォームだったんですよ。

 

しかし荒川博コーチに弟子入りし、一本足打法を伝授され、正しいフォームで1日に1000回以上の素振りを毎日繰り返した結果、通算868本という前人未踏の記録を残して成功できたわけです。

 

このように、数稽古をすることは大切ですが、正しい方法を教えたコーチとともに正しい方法を繰り返した結果、成功できたという事なんです。

 

がむしゃらに記事を書き続けるだけでは、一向にスキルも上がらないでしょうし、それが間違った方法なら最悪の結果になります。

 

 

 

私が最初の頃はそうでしたからね。

 

ただの自己満足全開!みたいな文章で、

 

誰も共感なんてしないだろうな~

 

って文章をやたらと量産していましたから。

 

もちろん、報酬はずっとゼロでしたけどね(笑)。

 

でも、一つだけスキルが上がりました。

 

それは、キーボードを打つ速度が明らかに速くなった事、それだけ。

 

 

キーボード 入力 練習

 

そう、キーボードの入力だって同じですよ。

 

正しい方法を基礎からやっておけば、遠回りのようで最終的には速く打てるようになりますよ。

 

だから自己流で打ったり、面倒だからと両手の人差し指だけで打つクセができちゃうと、もう正しい方法で習う気力も失われちゃうでしょ?

 

それって基礎からちゃんと正しい方法で習った人に比べると、最終的には圧倒的に遅くなりますからね。

 

アフィリエイトは最初は数稽古、つまり記事数をたくさん書くことから始めるわけですから、キーボード打つのが遅ければそれだけ時間的に損するって事になりますから。

 

アフィリエイトでは記事を書く事は必須なわけですから、数稽古は確かに大切なのですが、

 

正しい方法での数稽古

 

が大切、ここは意識しておいてください。

 

 

コメント