ブログで上位表示させるためのキーワードの選び方とは?

ブログで記事を書いても、上位表示させる事を目標にしないと意味がないんで、そのためのキーワードの選び方は大切です。

 

できる限りブログ記事を上位表示させるためのキーワードの選び方のコツを解説していきます。

上位表示 キーワード 選び方

 

サジェストワードから選ぶ

 

※サジェストについてはこちらの記事を参考にどうぞ

 

何度も言いますが、自分で想像して

『こんなキーワードで検索されるんじゃないかなあ~?』

と、自分で考えちゃだめです。

 

収益化したいのであれば必ず、

サジェストで出てきたキーワードで記事を書いてください

 

サジェストキーワード 記事

サジェスト一覧はこちらを利用しましょう。

このサイトはアフィリエイター必須サイトです。

>> リレーティッドキーワード

 

 

 

キーワードはなるべく絞る

キーワード 狭い ターゲット 絞る

 

3語以上で上位表示させるキーワードを狙う

キーワードが広すぎると、狙ったキーワードで訪問者が来てくれないんですよ。

 

例えば、あなたが紹介したい商品が、

【ダイエットに最適な食事の方法の本】

だったとします。

 

その本のリンクをクリックしてもらうためには、

運動とかめんどくせー。サプリはあやし~。やっぱ、正攻法で食事の摂り方を変えて痩せたいんだよな~。なんか役立ちそうな方法を書いた本とかないかな~?

と思っている人に来てもらわなければなりません。

 

だから「ダイエット 食事 方法」という3語を必ず含める必要があるんですね。

しかし、「ダイエット 方法」の2語だけを含めた記事タイトルにしてしまうと、

・運動で痩せたい人
・サプリで痩せたい人
・プチ断食で痩せたい人
・お腹周りを細くしたい人
・脚痩せに興味ある人
・小顔になりたい人

・・・などなど、いろんな”痩身方法”に興味がある人が来てしまいますよね?

 

運動して痩せたい人があなたのサイトに来ても

”食事の摂り方を工夫して痩せましょう”

って書いてあったら、すぐに右上の「×」か「戻る」でサイトを離脱されてしまいます。

タイトル 検索意図 違い

 

これでは訪問者の人にも無駄な時間を使わせてしまうので申し訳ないし、SEO的にも離脱が早いサイトは評価が下がります。

だからブログ記事を上位表示させたいキーワードの選び方としては、

ターゲットとなるペルソナ(人物像)を極力絞って、狙った通りの人に来てもらう必要があるんですよ。

 

ライバル調査はやろう

 

ライバル調査 SEO

あなたがブログ記事を上位表示させようと、キーワードの選び方を工夫して一生懸命に記事を書いたとしても、全く同じキーワードで記事を書いているライバルに勝てなかったら、骨折り損のくたびれ儲けになります。

上位表示(できれば1位)させる為のキーワード選びなので、選んだキーワードで強いライバルがいないのを確認しなければいけないんですね。

 

そのためにキーワードはなるべく狭くするわけです。

 

※ライバルチェックのやり方はこちらの記事を参考にどうぞ

 

上記記事の補足ですが、例えばあなたが

「ダイエット 食事 方法」

 

でライバルチェックをする場合は、実際にGoogleの検索窓

「ダイエット 食事 方法」

 

とキーワードを入れてみて、出てきたサイトの上位5つを最低でも調べる、と。

ここまでは必須で、アフィリエイターなら誰でもやってることです。

 

がしかし、検索を数こなしていくとわかってきますが、狙ったキーワードを入れてもライバルの記事のタイトルに、そのキーワードが一部しか含まれていないなんて例が出現することがあります。

 

上記の例であれば、「ダイエット 食事 方法」で検索したみたら、上位に表示されているサイトタイトルが、

 

1位 ダイエットに最適かつ最強の食材5つをご紹介
2位 太らない食事方法3バターン
3位 これでよし!ダイエットするなら食事改善だけでOK

注:これ、架空の検索結果なので実際に「ダイエット 食事 方法」で検索したらガチの強敵ばかりなのでこのキーワードで記事は書かないように。

 

 

こういった狙ったキーワードの一部しかタイトルに含まれていないものが上位に出てきた時、

あなたは全てのキーワードをタイトルに含ませて、なおかつライバルよりも上質な記事を書けばいいのです。

そうすれば、あなたのサイトが一番上に表示される可能性が出てきます。

(とはいえ、ちゃんとライバルの記事は読んで確認はしましょう。それでもライバルには勝てないと判断したら、走って逃げましょう)

 

 

 

コメント