文章が書けない!を解決する3つの「?」を決めよう

文章が書けない、何を書いたらいいのかわからない。

それについては、Googleアラートを使えば解決できます。
超簡単ですね。

では、書くテーマが決まったとして、どのように書き進めればいいのか?
ここが難しいんです。

 

でもご安心を。解決策があります。

それには、まずは大まかな設計図を書いちゃう事なんです。

 

何について書く?

何について書くか

例えば、ダイエットという大きなテーマで書くとして、今日書く記事は

ダイエットの中のどの部分のダイエットについて書こうか?

という事を、最初に決めてしまうわけです。

ダイエットだけだと、何だかぼんやりした大きすぎるテーマでしょ?

でも、細分化する事で痩せたい部分の目的がはっきりするわけです。

脚、お腹、二の腕、小顔、背中、お尻、足首など、いろいろと小分けにすれば、いくつもの記事が書けるわけですよね?

 

例えば、今日は二の腕ダイエットについて書こう、と決めてしまえばいいんです。

ほかの部位については無視できるから、二の腕の脂肪を落とすって事だけに集中して記事が書けるわけです。

 

 

誰に伝えたいのか?

誰に伝えたいのか

二の腕ダイエットについて書こうと決めたら、この記事を誰に伝えるために書くのか?を考えましょう。

この「誰」をペルソナと言います。

ペルソナは、「たった一人の誰か」を想像して設定するのが基本です。

 

例えば、あなたの友人・知人の誰かを想像してみて、その人が二の腕に悩んでいたとしたらどんなアドバイスができるだろう?

それを文章で伝える事ができるなら、どんな手紙を書くだろう?

 

それが「誰に伝えたいのか?」の基本となる考え方です。

どんな記事を書くにしても、必ず「誰か一人に伝えるため」にペルソナを設定してください。

 

二の腕を細くしたい人はどんな人?

二の腕ダイエット

ムキムキのボディービルダー?
お相撲さん?

違いますね。

 

正月にモチ食いすぎて体重オーバーしちゃった女の子が、夏に腕が出る半そでワンピ着たい!

なんとかして~!

 

という悲痛に叫んでる声が、あなたの耳に聞こえてきませんか?

 

だったら、そのデブ・・・いや、ちょっと油断しちゃった女の子をハッピーにしてあげるために、女の子の代わりにあなたが一生懸命情報を集めて、「こうやってみたら?」っていう提案をしてあげればいいわけでしょ?

 

つまり、設定するペルソナはこんな人になりませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長い冬休みに帰省した女子大生A子。

お正月のおせちをドカ食いし、実家の鏡餅を一人で平らげ、旧友との飲み会などで毎晩どんちゃん騒ぎやらかし過ぎて、見た目にわかるくらい太っちゃった。

このままじゃ、せっかく去年の秋に”夏物一掃セール”で安く買ったお気に入りのワンピが着れないっ!

暖かくなるまであと1ヵ月くらいしかないじゃん(涙)
どうしよう~、誰か1ヵ月で二の腕細くなる方法、教えてちょーだいっ!

二の腕ダイエット なんとかして~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、自分の行動を後悔しつつ、自暴自棄になって暴れかけている女子大生A子こそ、あなたが情報を伝えたい相手である、と設定するんです。

ただ、あなたがペルソナを設定する時は、実際にはもうちょっと現実的な人物像を設定してくださいね。

これ、あくまでも一例だから。

 

実行したらどうなるのか?

結果どうなる

・・・まあ、こんな自己管理完全放棄みたいな女子大生が現実にいるかどうかは別として、ペルソナをそのように設定したら、この女子大生A子にあなたはどのようなアドバイスを提供しますか?

そして、そのアドバイスをA子が聞き入れて実行したとしたら、1か月後のA子はどうなってるんでしょう?

そう、わずか1ヵ月後には、A子はお気に入りのワンピを着て大学のキャンパスで笑顔を振りまいている。

そんな未来を想像させてあげましょう。

 

まとめ

・何をテーマに書くか(なるべく細かいテーマで)
・たった一人の誰に何を伝えるのか
・それを実行したらどんな未来が待ってるのか

 

この3つの「?」を大まかに決めて、パソコンのメモ帳にでも書いてディスプレイの隅にでも置いて、それを見ながら集めた情報で記事を書くわけです。

この3つの「?」を決める事で、

記事の内容が濃くなるしブレてないから訪問者に内容が刺さりやすくなります。

 

テーマが絞られてるから、二の腕を細くしたい!と強く願ってる人だけが一生懸命に読んでくれるために商品も売れやすくなる。

3つの「?」を明確にすれば、何を調べればいいかもわかりやすいし、商品も選びやすいし、記事もブレずに書きやすくなるでしょ?

 

 

 

コメント