実績がない初心者の時はプロフィールには何を書けばいい?

これからの時代、

「何が書いてあるのか」よりも「誰が書いているのか」

が重要になってきます。

 

心理学で言う、”権威への服従原理”ですね。

権威への服従原理

 

でも、”稼ぐ系のブログ”を書きたい人と思っているけど、

ブログを始めたばかりの人って実績がまだないじゃないですか

「じゃあ稼ぐ系のブログって、実績を出してから書いた方がいい?。」

いえ、そんなことはありませんよ。

 

物販ブログにしろ稼ぐ系のブログにしろ、プロフィールにはそれぞれ違った価値があるのでどんどん書いていけばいいと思います。

「え?実績がないのにどんな事書けばいいの?」

 

実績がないからプロフィールに書けない

初心者 実績 ない

よく月に100万円以上稼いでいるブロガーやユーチューバーが、

 

「プロフィールには実績を書きましょう。私の場合はほら『月300万ブログで稼いてます』って書いてあるでしょ?

これが信頼性を生むんですよ。だからプロフィールには実績を必ず書いてください。」

 

こういう人は、自分が初心者の頃の事を完全に忘れているんでしょうね。いや、彼らが悪いわけじゃないんですよ、もちろんね。

 

でも、実績がまだない、これから始めますって人にこんなアドバイスしても意味がありません。

じゃあ一体、始めたばかりの人は稼ぐ系ブログにどのような事を書けばいいんでしょう?

 

始めます、でいいんです

アフィリエイト 始める

こんだけ稼いでますよっ!ていう実績としての数字を書かなくても、

「アフィリエイト始めました。これから毎日記事を更新していきます。1年後には月100万稼げたよと言われるよう頑張っていく所存です。」

みたいなのでもいいじゃないですか。

 

そして毎日、

”今日はどんな記事を書いたか?アクセスは今どのくらいか?どんなキーワードでブログに来ているのか?”

”それを受けて何を改善したか。改善したらどうなったか。”

みたいな、アフィリエイト日記とでもいいましょうか、そういうものを書けばいいんですよ。

 

あなたがその見本となると同時に、あなたのアフィリエイト人生の記録としてウェブ上に残しておけるって、かなりの財産だと思いますよ。

そのブログを元に、収益ゼロの初心者だった頃から稼げるようになった経緯を商材として売る事もできますし、もちろん初心忘るべからず、って胸に刻み続ける事もできます。

 

稼げるようになった経緯を知りたい人もいる

成長 見届けたい

今、稼ぐ系ブログを書いている人って、ほとんどの人が100万円/月超えてる人でしょ?

初心者が何を知りたいかなんて、とうの昔に忘れてますよ。

だから冒頭に書いたように、「実績を書け」って普通に言うんです。
もちろん、彼らに悪気はないのです。

 

じゃなくて、

今からアフィリエイトを始めてみたい!って人は一体何を知りたいのか、何をしたらいいのか、これが知りたいわけです。

 

だからあなたのアフィリエイト日記のブログが役に立つのです。

まったくの初心者が、どんな記事を書いてどんな経緯で稼げる人になっていくのか、その過程を見たい人、たくさんいますよ。

 

そして、記事を見た人も

「ああ、自分と同じ時期にアフィリエイトを頑張っていこうとしてる人がココにもいる。自分もこの人に負けないよう切磋琢磨していくぞ。」

と思ってくれるはずです。

 

 

失敗も貴重な経験なり

ダメ記事を書いてしまった事も、貴重な経験です。

このキーワードで何文字くらい書いたけどアクセスがこなかった

だからキーワード変えて文字数増やして書いてみた

まだアクセス全然来ない(涙)

じゃあこっちのキーワードで極力文字数減らして書いてみよう

いっぱいアクセス来た!1つ売れました(祝!)

 

みたいなのって、毎日頑張ってる躍動感があっていいじゃないですか。

 

そのブログを読んだ人が、

「ああ、アクセスが来ない時はキーワードを変えて書いてみるといいんだな。」

「文字数は多ければいいってものでもなさそう。」

くらいは思ってくれるじゃないですか?

 

そのうち、

「この人のブログ読んでたらいろいろ参考になるな。」

って思ってお気に入りに入れてくれれば、更にあなたのブログの価値はアップしますよ。

それにはもちろん、毎日継続して記事を書く事が何より重要ですけどね。

 

まとめ

ブログ 初心者 アフィリエイト

実績を書くだけじゃない、初心者は毎日こんな事やってるんだ!と書く事も立派なアピールになり得る、ということです。

そしてそういうブログを求めている人もたくさんいます。

そもそも、年収1億円以上稼いでいるような人の「こうやったら稼げるよ」みたいな言葉って、次元が違い過ぎてあんまり刺さってこないんですよね。

それよりも、より初心者に近い人の存在がありがたく感じる人もいるわけですから、初心者だからといって遠慮することはない、成長過程を記録するという意味をブログに持たせても良いんです。

 

 

コメント