モバイルバッテリーは軽量・大容量・急速充電ができるものを選ぼう

外出先で、スマホの電池残量がやばくなった・・・。
こんな時に役立つのが、モバイルバッテリーですね。

 

どれを買おうか迷っている人は、以下の基準に当てはまるならいいのがあります。

持ち歩くんだったら軽量なほうがいい。
十分に充電ができる大容量のものがいい。
もちろん、急速充電がいい。

こんな基準で私が選んだおすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

 

イチオシ!モバイルバッテリーはこれで決まり

 

これ。


これ・・・

 

って唐突に言われてもねえ、って思うでしょう?

ちろん、理由はちゃんとありますよ。

このモバイルバッテリーの使い勝手が良かった点

持ち運びが楽

軽くて薄くてコンパクト。180gくらいの重量だから、

今時のスマホよりもちょっと軽いくらいですね。

 

これなら遠慮なく、カバンに入れて持ち歩いてもいいし、

なんならポケットに入れててもいいくらい。

 

まあまあ大容量

今時10000mAhじゃ大容量とは言えない?
う~ん、確かにね。

すでに30000mAhとか普通にありますから、

10000mAhじゃ大容量とは言えなくなりつつあります。

 

でもね、よく考えてくださいよ。

30000mAhだったら、こんなに薄型・軽量にはなりません。
マジで重たくてゴツイですよ、30000mAhとかのものは。

 

それにですね、

30000mAhのモバイルバッテリー本体をフル充電するのに何時間かかりますかねw

半日使ってフル充電します?それってスマートじゃないですよね。

 

そんなに大容量のものより、使い勝手が一番いいのは10000mAhくらいです。

手軽にフル充電できて持ち歩けて、スマホなら2回分は充電できる。
一番フットワークが良いモバイルバッテリーは、10000mAhで決まり!

 

急速充電

iPhoneもAndroidも、内臓ケーブルは2.0Aという急速充電が可能。

付属のUSBケーブルなら2.4Aという、更に急速充電が可能。

 

まあ、ケーブル持ち歩くのが嫌いな私は内臓ケーブルだけで済ましてますが、充電中は特にスマホを気にする必要がないので、いつの間にか充電し終わってるってくらいに考えています。

 

私が持っているのは内臓ケーブルが1.0A出力のものなのですが、それでも不便を感じた事はほとんどありません。

新型になって2.0Aになったので、ますます「早っ!」って感じられるのではないでしょうか。

 


3タイプあるので購入時は注意

 

■iPhoneの人なら 「iPhone/Micro」

■iPhoneとAndroid両方持ってる人は「iPhone/TypeC」

■Androidの人なら「TypeC/Micro」

 

訳ありの-680円製品は、現在は「iPhone/TypeC」のものが選べます。

でもこれ、カラーが選べませんし、初期不良以外の保証はつきません。

どうせなら、新型になって奇麗な色が増えたから、好きな色を選びたいものですね。

 

私が気になってるのはローズゴールドとミントです。発色がきれいです。

汚れが気になるって人はブラック一択で。

 

ちなみに、私は先代モデルのホワイトを選んでしまったため、こんなに汚れてしまいました。

モバイルバッテリー 大容量 急速充電

肌触りがマットなラバーコーティング仕様なので、汚れは付きやすいと感じています。

 

まとめ

ケーブルを別途持ち歩かなくても、内臓ケーブルだけで十分事足りるので、家から持ち出して外で使いまくってほしいモバイルバッテリーです。

見た目もシンプルかつ上品だし、本体フル充電にちょうどいい10000mAh。

それにしても、この性能で格安だと思いませんか?

 

これ一つ持っていれば、もう外出先でスマホの電池切れを心配する事もなくなりますよ!


 

 

 

 

 

 

コメント